生活習慣

女性誌でおなじみのヒートスムージーの効果

冷えで悩む女性の温活ライフに最適なヒートスムージーの効果についてお伝えします。冷えをほうっておくと生理痛、疲労、老化などたくさんの不調に悩まされます。ヒートスムージーの温活効果を知って、今よりも元気で楽しさがあるれるキレイな女性になりませんか。

⇒ 冷え撃退!ヒートスムージーでぽかぽかキレイになる方法

 

 

 冷えの悩みを一発解消!ヒートスムージーの温活効果

冷えに苦しんでいた女子の90%以上が「もっと使ってみたい!」と購入を希望したアルポカのヒートスムージー。女性誌で紹介されたことによって、冷え対策に有効な温活効果が期待できるということを知り、今たくさんの女子に注目されています。冷えが原因になっている疲労、生理痛、老化、不眠、肩こり、腹痛、便秘、むくみ、肌荒れなどで悩んでいる方にとって、ヒートスムージーはどなたでも簡単に始めることができる温活として人気がでています。

 

ヒートスムージーの最大の効果は体を温め冷えから守ること。冷えによって悪くなった血の巡りを正常に整えて、体温を上げるサポートをします。テレビを見ていると温活についてよく紹介されていますが、温活を始めて人生がガラッと変わったという声もいくつか耳にします。

 

温活効果への期待が高まるヒートスムージーには、体を温めてくれる生姜やヒハツがたっぷり含まれています。女性に必要な鉄分も含まれていますので、血液不足や貧血で悩んでいる方への対策もしっかりできています。鉄分サプリであるような鉄くさいニオイはしませんので安心して使用できます。ヒートスムージーを使った方の口コミも紹介されていましたので、参考にお伝えします。

 

体験者の口コミ

・生理痛が軽くなってきた
・胃のあたりがジュワ~と温まってくる
・トイレの回数が減ってきた
・寝つきが良くなった気がする
・疲れにくい身体になった
・お肌がキレイって言われるようになった
・若く見られることが多くなった

※あくまでも個人の感想であり、効能・効果を保証するものではありません

口コミをご覧になると、ヒートスムージは冷えが原因になっている悩み解決に役立っていることが分かります。体を温めることはとても大切なことなのですね。運動や入浴などの温活をしている方もいらっしゃいますが、何を体に取り入れるべきなのかということがもっとも大切なことではないでしょうか。体をしっかり温める成分を積極的にとることで、冷えの悩みを解消することにつながります。

 

成分について調べてみました

ヒートスムージに含まれている成分について調べてみました。成分と簡単な説明をしています。温活をサポートしてくれる成分について知っておくと、普段の食べ物にも気をつけようと自覚が出てきます。

金時生姜 ⇒ 普通の生姜の4倍もの辛み成分が含まれていて、風邪、せき、胃痛、冷え性、関節炎に効果あり

ヒハツ ⇒ 漢方として使われることが多い薬草で、ヒハツは毛細血管を強くして内臓まで熱を届けてくれます

鉄分 ⇒ イライラや疲れやすいタイプに必要不可欠な鉄分で体全体にたっぷりの酸素を運んでくれます

ヘスペリジン ⇒ 末梢血管を強くするヘスペリジンは血の流れを改善する効果に期待できます

高麗人参 ⇒ 漢方の一種で疲労回復、血流改善への効果に期待できます

ホーリーバジル ⇒ 代謝を高めてくれる効果が期待でき、冷え性などが原因の体の不調を和らげます

シャタバリ ⇒ ハーブの一種で利尿時としての効果があり、尿を外へ出すことで冷えを防ぎます

鶏血藤 ⇒ 生理痛や関節痛などの痛みを止める効果に期待できます

ベニバナ ⇒ 血行促進、生理痛や産後の腹痛への効果が期待できます

クチナシ果実 ⇒ 胃潰瘍などの内臓疾患に使われます

アサ種子 ⇒ 便秘薬として使われています

ナツメ果実 ⇒ ストレス対策に使われています

ダイダイ果実 ⇒ クエン酸による血液サラサラ効果が期待できます

甘草 ⇒ 炎症を抑えてくれて、花粉症などの症状に有効です

ハッカ ⇒ ストレスやイライラに対して鎮める効果が期待できます

デキストリン ⇒ 食物繊維で便秘対策に期待できます

 

 

ヒートスムージを使ったおすすめレシピを2品紹介

ヒートスムージには生姜やヒハツが含まれています。1つずつ個包装されていますので、簡単に使い切ることができます。ヒートスムージはそのままダイレクトに飲めますが、他の材料に混ぜることも可能です。こちらではヒートスムージを使ったレシピを2つ紹介します。使い方がわかればアレンジするだけでたくさんのレシピができます。ヒートスムージを使ったレシピで楽しい温活ライフを過ごしてみてはいかがですか。

 

レシピ1:食べ物に混ぜる方法

ヒートスムージを食べ物に混ぜる使い方を紹介します。用意していただくものは無糖ヨーグルトとヒートスムージだけです。作り方はこの2つの材料を混ぜるだけです。ヒートスムージには果糖が含まれていますから、砂糖を入れる必要はありません。ヨーグルトとヒートスムージはどちらも腸に良いですから、便秘で悩んでいらっしゃる方におすすめのレシピです。

 

レシピ2:飲み物に混ぜる方法

ヒートスムージを飲み物に混ぜる使い方を紹介します。用意していただくものは紅茶とヒートスムージだけです。これら2つを混ぜるだけで生姜紅茶の出来上がり。生姜と紅茶はどちらも体を温めてくれる作用がありますので、冷えで悩んでいる方におすすめのレシピです。

 

まとめ

ヒートスムージを食べ物や飲み物に混ぜて摂取すると温活が楽しくなります。生姜を使ったレシピであれば、どのような料理でもヒートスムージを代替えとして使うことができます。あまり難しく考えず、楽しい冷え対策ができるとストレスを感じることもありません。あなただけのオリジナルレシピを作ってみると面白いかもしれませんね。

⇒ 他のレシピをチェックする

 

 

-生活習慣

© 2021 アラサー女子のゆる〜いススメ! Powered by AFFINGER5